MIMとは

MIM(Metal Injection Molding 金属射出成形法)は、プラスチック射出成形技術と粉末冶金技術を応用し、三次元形状の金属部品を、ニアネットシェイプ(near net shape)の状態で提供する部品製法技術です。

MIM(ミム)

金属粉末射出成形(Metallic Powder Injection Molding)
金属射出成形(Metal Injection Molding)
金属射出といっても、ダイカストやチクソーモールディングのように溶融・半溶融金属そのものを射出成形するものではなく、金属粉末(平均粒径10μm程度)に樹脂バインダーを混練し、ペレット状にした材料を、プラスチック射出成形機を使って射出成形するものです。
射出成形した時点の部品はプラスチックの性状に近く、これを完全な金属部品にするため、樹脂バインダーを取り去り(脱バインダー:脱脂工程)、さらに焼結を行い金属部品を完成させます。

MIMの生い立ちと今

MIMは、1970年代(米)R.E.Wiech.Jr他により研究が開始された比較的新しい技術です。1980年代より国内数社で量産が始まり、撤退や新規参入を繰り返し、現在では30社程度が、コマーシャルベースで営業を行っているようです。
 
技術面からまだ歴史が浅いため、その製造技術の各プロセスにわたって各社各様の製造方式・理論・ノウハウを採用しているのが現状です。メーカー間の技術交流は十分とはいえず、このことがMIM市場の足かせになっていることは否めません。
 
しかし、近年MIM製造のJIS化の動きが出始めており、日本粉体粉末冶金協会の一分科会として発足した「MIM加工部品の機械的性質の標準化」の活動によりSUS316L、SUS630、SCM415および純Tiの4種類の材料について報告がされるようになりました。
 
また、当社独自に、JUKI㈱中央技術研究所と共同で開発した材料の機械的強度データを一部公開しています。
これをきっかけに、今後少しずつ市場の認知度が上がり、いろいろな産業へMIMが採用されていくことを期待します。

生産プロセス

MIM(金属粉末射出成形)の生産プロセスの解説です。弊社は、仕様決定⇒設計⇒製造⇒検査⇒出荷と一連の作業を全て実施いたします。
無料技術相談
お電話やFAXでも受け付けております。
お気軽にご相談ください。
営業窓口:
TEL:0241-27-3103
FAX:0241-27-3935
ご相談はこちら
2018年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 稼働日
JUKI会津株式会社
〒969-3532
福島県喜多方市塩川町小府根字近江75
TEL.0241-27-3101
FAX.0241-27-3044
・ロストワックス精密鋳造部品の
製造・販売
・MIM(金属射出成形) 部品の
製造・販売
・金型製作